動脈硬化の分子医学 NM15 - 北徹

動脈硬化の分子医学

Add: bitem33 - Date: 2020-11-26 06:57:11 - Views: 9920 - Clicks: 720

Online ISSN :Print ISSN :ISSN-L :. 動脈硬化の分子医学、血管発生・血管新生、動脈硬化に関与する細胞・諸因子、動脈硬化と他の疾患の関与など、血管障害の典型である動脈硬化の分子機序について、基礎と臨床の. マイクロRNAとよばれる内在性の小さなRNAが遺伝子発現を精巧に調節し、種々の疾患形成に関与する事が明らかとされてきた。以前、我々はSREBP2のイントロンに存在するマイクロRNA-33(miR-33)が、細胞内コレステロール恒常性と血中HDL形成を調節していることを示した。今回の研究ではmiR-33が. 2 Description: NM15 ix, 212p ; 27cm. 北 徹:Ⅴ循環器薬の使い方 高脂血症治療薬 日本医師会雑誌特別号132(8): 283-286. 第2回(平成12年度)日本動脈硬化学会賞 1998年 第35回ベルツ賞一等賞. 年7月17日(金)~18日(土)に名古屋国際会議場で開催される第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会のプログラム.

11 形態: 186p ; 21cm isbn:x シリーズ名: 新臨床医のための分子医学シリーズ / 平井久丸ほか編集 著者名: 北, 徹 日本臨床分子医学会. 動脈硬化の分子医学 : 基礎から臨床へのup-to-dateな分子医学 フォーマット: 図書 責任表示: 北徹編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 羊土社, 1994. 京都大学 医学研究科 医学専攻 名誉教授(年度) 推定関連キーワード:メタボリックシンドローム(MS),スクリーニング法の開発,clinical research,small dense LDL,ハイリスク患者 推定分野:臨床系内科学,スポーツ科学. 北 動脈硬化の分子医学 NM15 - 北徹 動脈硬化のリスクファクターである高血圧を研究している医局ということですね。 酒井 そうなんですが、当時、1985年頃ですが、日本で分子生物学が始まった頃で、北先生とGoldstein & Brown研究室で一緒だった山本徳男先生(現東北大学大学院教授)が戻っ.

動脈硬化の分子医学 NM15 - 北徹

email: tosace@gmail.com - phone:(272) 999-5739 x 7417

日本の論点 2010 - 文藝春秋 - 三和銀行経営の秘密

-> 新体系土木工学 海洋土質
-> 日本のわらべうた 室内遊戯 - 尾原昭夫

動脈硬化の分子医学 NM15 - 北徹 - 快適Mac操作術


Sitemap 1

必勝本NEWS EGG<関東版> - 脳科学的に正しい 一流の子育てQ