真珠湾作戦回顧録 - 源田実

真珠湾作戦回顧録

Add: ujujeme85 - Date: 2020-12-05 10:59:01 - Views: 9856 - Clicks: 141

真珠湾作戦回顧録 (文春文庫) 源田 実 | 1998/12/1. Amazonで源田 実の真珠湾作戦回顧録 (文春文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。源田 実作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 1937年(昭和12年)7月、源田は海軍大学校を恩賜の成績(次席)で卒業。支那事変(第二次上海事変)に第二連合航空隊司令部参謀として参加。源田は駆逐艦で青島に向い有馬正文大佐と共に現地調査を行う。源田の初陣であり敵の弾下は気持ちのいいものではなかったという。 同年9月、南京空襲作戦において、源田は戦闘機で広域制空を行う「制空隊」を考案する。戦闘機を主体的に運用する戦術思想としても画期的なことであった。戦闘機を行動基準に制空隊による敵戦闘機を捕捉撃滅を主目的にして、空襲は奇襲を行わずに敵の対空防御砲火圏外からの一航過として敵戦闘機を誘いだし、潜ませておいた戦闘機隊で撃滅する。従来の戦闘機任務である援護機には水上偵察機を回した。9月19日の戦闘では二回の空襲・空中戦で日本軍喪失4機、中国軍撃墜40機を記録して中国空軍戦闘機隊を壊滅させた。19日から25日まで11回空襲を行い同方面の敵戦闘機の大半を撃滅する。最大の戦果は制空権の獲得であった。第二連合航空隊司令官・三並貞三少将は「従来戦闘機の用法は一般にきわめて消極的にして、哨戒ならびに掩護等のみに限られ、これを主体とする大規模作戦は未だかつて実施せられたることなし。然れども、今次南京空襲の成果より推察するに敵の戦略要点の上空にわが有力なる戦闘機隊を進撃せしめて、敵航空兵力の撃滅に努むる方策はきわめて有効にして、精神的にも敵国民衆環視の中にわが卓越せる空戦実力を発揮するは、敵国民に与うる打撃きわめて大なるものありと思惟す。また敵にして有力なる防空戦闘機隊を有する場合は、このごとき方策をとらざる限り敵国要点に対し徹底的爆撃を実施すること困難なり。本作戦開始以来昼間は一切の敵航空兵力の活動を封じ得たるのみならず、作戦末期よりは夜間といえども敵機の上海方面進出をほとんど皆無ならしむ得たり将来大陸方面航空作戦指導上この種作戦の遂行は大いに研究の価値あるものと認める」と所見でこの作戦を評価している。 また転戦する中国の奥地への攻撃には戦闘機の航続距離が足りないという問題があった。源田はそれを中継地点を利用することで航続距離の延伸を図り解決させた。当時としては新着想の離れ業であり、九五式陸上攻撃機で整備員や燃料をまだ整備されていない中継地点へ運び、そこで戦闘機が補給を済ませてさらに奥地へ飛ぶことで多くの奇襲を成功させ戦果を挙げた.

真珠湾攻撃の作戦参謀が克明に回想する。 「解説文」を執筆した呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長・戸高一成氏は、こう語る。 「源田実は、日本海軍で、華やかなスター的な参謀であった。. 源田実(ゲンダミノル) 1904年広島県生まれ。海軍兵学校五二期。第一航空艦隊の参謀として、真珠湾攻撃などの作戦に参加。戦後は防衛庁に入り、航空幕僚長。62年、参議院議員に初当選して以来四選。. ^ 源田実『真珠湾作戦回顧録』文藝春秋、1998年、253頁。 isbn。 ^ 源田実『風鳴り止まず』サンケイ出版、1982年、109頁。 ^ 淵田美津雄・中田整一『真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』講談社文庫、年、361・362頁。 1945年8月17日源田は、軍令部部長富岡定俊少将より皇統護持作戦を受けた。敗戦によって国体に危機が迫った場合、皇族を匿い皇統を守る作戦であった。准士官以上で、源田とともに自決する志願者を集い作戦参加者を選別した(妻帯者や長男は帰らされた)。生涯をかける他言無用の任務であることの説明があり、23名で盟約を結んだ注釈 16。この際に下士官以下の隊員も自決に参加しようとしたが、源田は「皆ありがとう。俺と一緒に死んでくれるのはありがたい。しかしよく聞け。若い下士官はまだまだこれから人生がある。日本はこの戦争には負けたが、必ずや生きていれば二度目のお召しがあるだろうから、それまで郷里にて待て」「絶対に死ぬな」と諌めて帰省させた。 熊本県五家荘村を候補地として隊員は復員したが、天皇制存続が決まり活動は終了する。富岡は終戦から2年ほどして作戦の解消を伝えた。源田は解消を側近には伝えたが徹底はしなかったため、活動実態のない形だけの盟約が残った。杉ノ井旅館で集まったが、解散の辞を用意するも人払いができず、切り出すことができなかった。1981年1月7日東郷神社和楽殿に招集し源田より同志生存者17名を前に皇統護持作戦の終結が正式に伝達された。源田から「計画が発動されなかったことが最大の成功だった。我々は目的を達し使命を果たした。我々の行動は無駄ではなかった」と解散の訓示が行われた。 1946年(昭和21年)12月、極東軍事裁判において、第二聯合航空隊参謀として、爆撃に関する根本方針(支那事変) と第一航空艦隊参謀として、真珠湾攻撃の立案と実施について供述する。 同年から川南工業で働く注釈 17。正規海軍将校のため公職追放となり、追放解除後の1953年(昭和28年)6月1日、東洋装備株式会社取締役社長に就任。源田はこの面での才能はないと感じたという。.

風鳴り止まず〈真珠湾編〉. 真珠湾作戦回顧録 ¥ 1,500 源田実 、読売新聞社 、昭47 、1冊. 真珠湾のサムライ 淵田美津雄. 真珠湾作戦回顧録 源田 実/文春文庫/476円+税/isbn=「真珠湾」の日 半藤一利/文藝春秋/1,619円+税/isbn=.

真珠湾攻撃陰謀説 無線封止は守られていたか スティネットハワイ作戦に向かった機動部隊が、とくに司令長官である南雲忠一が60回も無線封止を破ったとスティネットは書いている。. 真珠湾作戦回顧録. シンジュワン サクセン カイコロク. 勝文堂書店 東京都杉並区.

真珠湾作戦回顧録 ¥ 810 源田実 、読売新聞社 、昭和47年 、1. 源田実 、昭48 、1冊 カバーヤケ 長山書店. 源田實著 ; 自由派青年の集い編. 航空作戦参謀 源田 実 いかに奇才を揮って働いたのか (光人社nf文庫).

淵田と海兵同期の航空参謀源田実中佐の希望であった。指名理由は極秘で準備していた真珠湾攻撃を成功させるため、優れた統率力、戦術眼を持ち源田と通じる同期生で偵察席に座り作戦の指揮に集中できる空中指揮官として淵田が必要だったからである 。. 通信情報参謀として、ハワイ作戦に向けた情報収集や通信計画の一端を担った 。 同年12月の 真珠湾攻撃 に参加 5 。 進撃中の空母の所在を内地と見せかけるための偽電放送作戦を考え出し 6 、厳重な無線封止と併せて功を奏した 7 。. 1942年(昭和17年)12月10日、軍令部第一部作戦課航空部員(大本営海軍参謀)就任。ガダルカナル島の撤退を意地や面子で決めかねていた大本営で源田は「近くに飛行場のないガ島での空中戦に勝算なし」と断言した。12月27日から源田は山本祐二中佐と共に陸軍とガダルカナル島撤退要領、ソロモン方面主戦の合同研究を3日間行い、12月末ガダルカナル島撤退作戦が決定された。1943年2月から数度にわたり、敵に察知されることなくガダルカナル島からの撤退は成功した。 零戦が既に敵から十分研究されているであろうと考えた源田は、零戦とは別に異なる画期的な戦闘機を求めて高速戦闘機を模索するが、技術的に提案する知識がなかった。そこに同じ考えを秘めていた鶴野正敬技術大尉が現れ、高速戦闘機「震電」の開発に動き出した。要求性能で揉めたが、源田は「400ノットの高速戦闘機が欲しいのであまり付帯要求を付けないように」という指導的意見をして、鶴野は要求性能をまとめることができた。同機は試作機の製造までで終戦を迎えた。また源田は、防御力を重視したB-17爆撃機に匹敵する大型攻撃機「十八試大攻(連山)」の開発計画も進めた. 『海軍航空隊始末記 (文春文庫)』や『真珠湾作戦回顧録 (文春文庫)』や『海軍航空隊、発進 (文春文庫)』など源田実の全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。. 真珠湾攻撃(しんじゅわんこうげき、英: Attack on Pearl Harbor 、日本時間 1941年(昭和16年)12月8日未明、ハワイ時間 12月7日)は、第二次世界大戦において日本海軍が、アメリカ合衆国のハワイ準州 オアフ島 真珠湾にあったアメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して行った 、航空機および潜航艇に. 真珠湾ものは過去にいろいろ読んできました。 トーランド著「真珠湾攻撃」(文藝春秋) 淵田美津雄著「真珠湾攻撃」(PHP文庫) 源田実「真珠湾作戦回顧録」(文春文庫) 半藤一利著「真珠湾の日」(文春文庫).

源田実著 戸高一成解説: 主な著作 『真珠湾作戦回顧録』(文春文庫) 税込価格: 1,320円(本体価格1,200円) 内容: 真珠湾攻撃はいかにして成功したのか。なぜ不可能が可能になったのか。作戦参謀による回想録。『風鳴り止まず』を再編集して復刊。. ^ 源田実『真珠湾作戦回顧録』文春文庫1998年312頁、続 炎の海93頁 ^ 淵田美津雄・奥宮正武『ミッドウェー』学研m文庫383-384頁、戦史叢書43ミッドウェー海戦160頁、亀井戦記165頁、良い参謀良くない参謀152-153頁 ^ 海軍功罪294-295頁、源田実『真珠湾作戦回顧録. 鈴木龍二回顧録 全二冊. 源田実語録 (1973年) 源田. 文庫 平和の探究―兵器に託す. 送料198円郵便保護なし 昭和47年 定価620円 全310ページ カバー付き・少ヤケ・少スレ 本体少ヤケ ーーーー ---- -------- ーーーー 落札後の連絡は「取引メッセージ」(商品ページ「取引連絡する」をクリック・オーダーフォームの「取引メッセージ」)にて案内します. 真珠湾作戦回顧録 源田実 読売新聞社 1975 単行本 歴史 戦争 戦史 戦記 太平洋戦争 (AZ) 商品説明 コンディション B コンディションランクは主観的なものとなります。ご了承下さいませ。 状態補足:昭和50年7月30日発行 12刷古いものですので経年相応にヤケ・傷みがございますが、通読に問題は.

源田実() 読売新聞社 定価620円 色々と批判のある著者ですが、賛否双方とも一読する必要がある書籍です。送料は目安です。超過の場合、同封切手にて返金いたします。. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 真珠湾作戦回顧録 文春文庫 作者 源田実 販売会社 文藝春秋/ 発売年月日 1998/12/ご入札する前にご確認いただきたいこと. 山本五十六 描いた小説、映画、テレビドラマ、漫画 山本 五十六(やまもと いそろく、1884年〈明治17年〉4月4日 - 1943年〈昭和18年〉4月18日)は、日本の海軍軍人。. 真珠湾の日 佐々木隆雨/大月書店/5,631円+税/isbn=.

読売新聞社, 1972. 1928年(昭和3年)12月、霞ヶ浦海軍航空隊に入隊、第19期飛行学生を拝命する。源田は「海軍生活24年間を通じてこの転勤ぐらい嬉しいと思った辞令は一度もなかった」という。定点着陸を見よう見まねで挑戦して失敗してからは1年ほどトラウマになり着陸には余裕がなかったという。1929年(昭和4年)12月、第19期飛行学生を戦闘機パイロットとして首席で修了、恩賜の銀時計を拝受する。1929年(昭和4年)12月、横須賀海軍航空隊戦闘機分隊に配属となる。2月、多段式空母「赤城」に戦闘機分隊第二小隊編隊長(一〇式艦上戦闘機)として着任した。12月、大尉。横須賀海軍航空隊付。日本海軍が英国から招いたチャッペル少佐とウィンゲート大尉を航空教官として開いた講義に参加する。源田によれば戦闘機で敵地上飛行場の封鎖を説いたチャッペル少佐の講義はもっと海軍一般で広く研究されるべきものであったという。1931年(昭和6年)2月、「赤城」に配属。12月、霞ヶ浦航空隊分隊長(教官)に配属されたため、1932年(昭和7年)7月の第一次上海事変には不参加。11月、横須賀航空隊教官。1933年(昭和8年)12月、空母「龍譲」分隊長 (兼横空付教官)配属。 1934年(昭和9年)11月、横須賀航空隊分隊長となる。戦闘機の空戦性能の審査、研究に取り組み、海軍戦闘機隊の基本パターンの形成を行った。この頃すでに源田は航空主兵論を唱えて大艦巨砲主義を批判して、戦艦一つの建造費で千機の飛行機が製造できると訴えていた。当時は報国号(九〇式艦上戦闘機)と呼ばれる献納機が多く、源田は分隊長として編隊特殊飛行の3代目リーダーになり、日本各地で行われた献納式で編隊アクロバット飛行を行う。報国号献納とアクロバット飛行が結びつき源田サーカス(空中サーカス)の名で親しまれた注釈 2。奥宮正武によれば源田サーカスの特殊編隊飛行は航空自衛隊でもやっていないような演目もあり列機が姿勢を崩さない美事なものであったという。 源田は、前任者の急降下爆撃の研究を引き継ぐと、戦闘機を以てする急降下爆撃の研究に精力を傾けた。源田は、戦闘機隊は主として防御的作戦に使用されているが、戦闘の勝敗を決定する制空権を確保するためにもっと積極的に敵を攻撃する方に向けてはどうかと考え、敵の航空母艦を先制制圧する為に、急降下爆撃機を善用すべきは勿論、航続距. com で、真珠湾作戦回顧録 (文春文庫) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。.

平和の探究 : 兵器に託す未来はない. 1941年(昭和16年)2月、源田は第十一航空艦隊参謀長・大西瀧治郎から呼び出され、連合艦隊司令長官・山本五十六からの手紙を見せられて真珠湾における雷撃の可能性を聞かれた。源田は「雷撃は専門ではないから分かりかねるが研究あれば困難でも不可能ではない、できなくても致命傷を与えることを考えるべきである。空母に絞れば急降下爆撃で十分である。問題は接近行動にある」と回答する。大西から作戦計画案を早急に作るよう依頼され2週間ほどで仕上げ提出した注釈 3。源田によれば素案の素案程度のものであったという。それに大西が手を加えて作案し、3月初旬ごろ山本に提出された。 4月10日、南雲忠一を司令長官、草鹿龍之介を参謀長とする第一航空艦隊が編成され、源田は甲航空参謀に任命された。源田の希望によって、優れた統率力、戦術眼を持ち源田と通じる同期生で偵察席に座り作戦の指揮に集中できる者という理由から淵田美津雄中佐が空中指揮官に抜擢され注釈 4、雷撃の専門家として村田重治少佐も引き抜いた。南雲は航空に関しては素人であり、草鹿も源田が案画して淵田が実行する好取組みと二人を評価し、彼らの献策をできるだけ. 『海軍航空隊始末記 (文春文庫)』(源田実) のみんなのレビュー・感想ページです(7レビュー)。作品紹介・あらすじ:山本五十六の懐刀と言われ、真珠湾奇襲の作戦計画を練り上げた男、源田実。. さて、「海軍航空隊発進」(源田実・文春文庫)によると、源田実大尉が横須賀海軍航空隊分隊長に就任した頃、横須賀航空隊教頭兼副長として着任したのが、大西瀧治郎大佐だった。源田実は、戦後、「日本海軍の航空隊の生い立ちを語るにあたって、欠かすことのできない人物は、大西. 自由派青年の集い 1990. 真珠湾作戦回顧録 - 源田実 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 源田実の「真珠湾作戦回顧録」によれば、 第一次攻撃隊 第一集団 第一攻撃隊 淵田中佐指揮 97式艦攻 15機 800kg爆弾 第二攻撃隊 加賀飛行隊長指揮 97式艦攻 15機 800kg爆弾 第三攻撃隊 蒼竜分隊長指揮 97式艦攻 10機 800kg爆弾. See full list on weblio.

『真珠湾作戦回顧録』 読売新聞社、1972年 真珠湾作戦回顧録 - 源田実 新版 『真珠湾作戦回顧録』(文春文庫、1998年)、isbn『源田実語録 防衛と人生を考える』 善本社、1973年 『統率力 源田実の経営戦略』 読売新聞社、1973年 『敗中勝機を識る』 善本社、1978年. ブランゲ博士の「トラトラトラ」では、源田中佐や淵田中佐は、積極的に再攻撃の意見具申をしたように書かれている。だが、源田中佐と淵田中佐が南雲司令長官や草鹿参謀長に、第二撃(再攻撃)の意見具申をしたということは、実際には、無かった。「真珠湾作戦回顧録」(源田実・文春. (源田実『真珠湾作戦回顧録』文春文庫) 源田実については、自己弁護がうまい政治家という印象はあるものの、開戦一年前に上官から職務上の指示を受けて検討作業に着手したとする文面に私は違和感を感じない。. 源田実の著書は、「海軍航空隊始末記・発進編」(文藝春秋新社)、新版「海軍航空隊始末記、戦闘篇」(文藝春秋新社)、「指揮官人間掌握の秘訣」(時事通信社)、「真珠湾作戦回顧録」(読売新聞社)、「源田実語録」(善本社)、「統率力源田実の経営戦略」(読売新聞社)、「敗中.

真珠湾作戦回顧録 - 源田実

email: qefibidy@gmail.com - phone:(745) 598-5557 x 5166

人間環境学 - 遠山益 - 慢性病は自分で治す 上ヶ島敦

-> 白頭の人 - 富樫倫太郎
-> 肛交教師恥辱授業 - 安達瑶

真珠湾作戦回顧録 - 源田実 - 医学英会話の実際


Sitemap 1

三和銀行経営の秘密 - 上田洸 - 山本英史 中国近世の規範と秩序